You Tube動画の描き下ろしページです。動画は下にスクロールすると見れます。
>>私のプロフィール

>>私のYou Tubeチャンネル

竹野です副業アフィリエイターの方っていうのはどうしても作業時間が少ないと思うんですね私も今でこそ作業時間取れるんですけどもなかなか一番最初っての取れないですし作業の効率も非効率になるので1日2時間とかになるとあっという間で何かも全く自分が生地も1時もかけながらに縮まってなかったみたいな話になってくると思うので副業のケータの方でですね1日2時間とか1時間とまでもゼロよかマシなので言ってはなんだかすすむっていうことですからねね2時間とか2時間ぐらいで最初っていうのはやっぱり6ヶ月は続けても厳しいと思うんですよ正直やっぱり土日とかは6時間しっかり作業をしたりとかですねそういう気持ちが必要なんですけどもそれよりもまず一日じゃ2時間で最適化するために何をやればいいかっていうところについてですね私が意識してきたことなどを説明していきたいと思いますで三つの考え方があってまず段取り八割ボトルネックコンフリクトとリフレーミングって三つの考え方がありますのでこれ順番に説明していきたいと思いますそしたら痩せます一番最初は段取り8割って言うとか説明していきたいとはい段取り八割というのですね例えばこれでえブラウン管のセリフで6時間できると言われたら最初の1時間は斧を研ぐのに使うだろうということですね要するに一番最初例えば6時間しかないのであればちゃんと事前準備をしましょうっていうことなんですねたとえば記事を書くのであればとてもマインドマップにまとめておくとか H 3から H H 2から H 3までの題名を決めて書き始めるとかですね行き当たりばったりで隠しとってよほとんどなのでそういったのっていうのは結局急がば回れの精神で最終的にはですね時間がかかるんですよマインドマップにまとめてないとか記事自体は全然関係ないライバルもリサーチも全くしていないみたいな人って結構多いんですけどももう記事の書き方がでたらめで戦略も何もないわけですねでやっぱり副業でしっかりとして稼いでいくためにはですねでも絶対戦略なんですよ戦略戦略で全てが決まると思ってください戦略が全然行けてない人っていうのは行き当たりばったりでも全然結果が伴って来ませんので時間の無駄なんですね1日2時間でも大事な時間じゃないですかよこに時間を戦略なくして適当に記事を書く例えば H 3と H H 2とかも何も決めてなくてですねもライバルもライバルとかキーワードが持ってきたみたいな感じの人っているんですけどもそんなことをやってても絶対稼ぐ入れられませんのでここですねこのきもちで1006時間で木を切れと言われたら本当に最初の1時間は斧を研ぐのに真剣に時間を取れてもですね様子にもリサーチとか SEO キーワードとかを全てライバルです明日はどんな記事を書くかっていうの準備しておきましょうっていうことですねそこをやるかやらないかによってですねこれに時間をどういう風に使う時間の使い方っていうのがあの全然変わってくると私は思ってますこの段取り八割と言うんですね職人さんの言葉なんですねもともと職人さんが夜に段取りさえすればも仕事ある区割りを終わったも同然っていうことを言われてるわけですね例えばじゃあ段取り八割っていうのはどういうことかって言うとここですねこういう風に仕事がありますと出来る時に6時間だったら例えばこういうふうにもしかしたら1時間に一本ずつで六本木れるかもしれませんということですねでもちゃんとこの1時間でしっかりと各々しっかりと磨くとこの時間を無駄にしても結果的にはこうやってサクサク切れて多くの結果が生まれ生まれるじゃないかっていう話なんですねこれが段取り八割ってことなんでもここ一番最初時間をかけましょうってことないですよリサーチだったりとか文の構成ですよね文の構成とかあとライバルとかこんなのも全部ちゃんと見ていきましょうよっていう話ですねここを意識するとですね全然結果が変わってくるのでまず試してみましょうまず段取り八割ですねはい次に大事な考え方ってのはボトルネックでこれボトルネックで例えばどういうのかっていうことかっていうとこのボトルですねこの原因を探りましょうっていうことですね例えば1日に1万足のノルマのノルマのが飾られてる靴工場がありますと 1日7000食しかできませんとじゃこの馬込330代3000-3000-1-3000で言う子のマイナスが出るわけなんですけどもじゃあこの原因は何なのかっていうことねじゃあ例えば何も考えずボトルネックっていう概念がない時というのは例えば純粋にバイトだったりとか時間を増やすとか時間を増やすとかそもそもの時間増やしてるバイトを増やしたり例えば人を闇雲に増やす時間を増やすみたいなですねこういう選択を取るわけですねでもボトルネックの考え方っていうのはじゃあ例えばよくよく調査をしてみるとこの最後のくすの子のヒールを打ち込む作業でものすごく姿待ってますとじゃあこうなってきた時にバイト時間人員っていうのを闇雲に増やすんじゃなくてここにフォーカスしましょうってことでネタがフォーカスを明確にするってのこのボトルネックって言うかないかですねこれは実際にゴールっていう本を読んでいただくと分かるんですけどもアレックスっていうですねその主人公がいてですねその人が優先工場の再建に乗り出すわけですけどもボトルネックの考え方をおしの会話をヒントに教えて閃くとわけですねでこの閃く話っていうのが経てばそのボーイスカートの時にですねご褒美っていう子がいたわけですよ花火っていう言葉が入って歩くのが遅いとも歩くのは全然駄目でボーイスカウトみんなで何人も引き連れてねアレックスがこうボイスカードでやってるわけですねどうしてもこの一番最後に HEARTBEAT 君が遅い理由ですよだからアレックスは考えてですねじゃあハッピーを一番前に持って行きましょうと一番前に持っていく持って行ってみんなで交換して行くみたいな話になったわけですねあこの前に郵便を一番ドンケツにして一番この子が小見ると見るようなやり方をしたわけでそしたら一番早い人たちはどのが先に進んでて結局今度ここでまた分裂したわけですねその軍服の軍団自体がだからアレックスはこれでもダメだっていうことでじゃあ最終的にどのようなことをすればいいかって考える時には B 君も一番先頭に持って行こうとでこういう風に後穴にずっとつけて行ってこの1番後ろの子が最も早い子ですね最も足の歩くのが早い子にしてじゃあ行きましょうっていうことでじゃあ結局こうなった時に一番後ろの子は早いですけど結局花火君は遅いねまたずっと遅れてくるじゃないですかこうやってそしたら結局この全体的なスピードが遅くなるわけですねでまた遅れるとじゃあこれもアレックスはダメだって考えるわけですじゃあ原因はボトルネックはなんなのかっていうことを考えた時に結局はビックんなわけですねじゃあ HEARTBEAT 君を先頭にするってのはこのみんなみんなにとってみれば HEARTBEAT 君が見れるからいいんで花火君が後ろにいるよりもいいのでじゃあアレックスはそっからさらにこの花火君をちゃんとするためにはどうすればいいかで考えた時には B 君の負担をなくそうってこと考えたんですよねで花火がリュックを持っています何かお菓子を持っています例えば帽子をかぶっています皆が重たいもの持っているんだったらこれでみんなにこの荷物をですねみんなで分けさせるわけですねボイスでハーブも歩くことに集中させるとそうすることによって HEARTBEAT 君が歩くだけで良くなったので全体的な大軍団のスピードが早くなったとこれがボトルネックの考え方の根底になりましたみたいな物語なわけですけどもこうやって原因があるわけですよね例えば原因っていうのに時間2時間の2時間しか取れない原因があった時にじゃあ2時間の原因ってなんなのかってことになるわけですよじゃあ例えば何か意味のない ZOOM 会議に出てますとか SNS でフォローバックばっかりやってますとかなんかなんですかで土日土日はなんか Twitter のフォロワーさんの集まりに出て勉強会行きますメダルことですよねこれって今全く記事を書いていない人が必要ですかって絶対必要じゃないんですよで200万円とか300万円とかだったら一人でできるんでそのはっきり言ってその SNS とかで邪魔するぐらい こんな感じで自分自身のボトルネックってを探すっていうのが大事なんですねじゃあそもそも2時間しか取れませんよって言うな時に本当に2時間なのかっていうことなんですよねそれボトルネックをちゃんと探し当てていけば実は2時間と思っていたのが4時間取れましたとか4.5時間取れましたみたいなことになるわけですよねそういう風にしてボトルネックを探して作業の邪魔をしているものは何なのかみたいなことを考えていくってのがボトルネックの考え方になりますこれは二ッ橋さい子がですねコンフリクト通りフレーミングっていうことでコンフリクトっていうのは衝突っていうようなんですけども要するに自分の作業を邪魔してるものありませんかっていうことですねじゃあ例えば作業時間を仕事が終わって20時から22時までの2時間って考えていた時に睡眠時間は何時間なのっていうことで9時間だったらもう100万行くんだったら1時間ぐらい削りましょうよって話になってくるじゃないですかで後じゃコンフリクト衝突してるの何かって言うとじゃあ例えば風呂風呂はゆっくり入りたいじゃ1時間風呂1時間入るのはいいかもしれないですけどじゃあこの時に何かできませんかっていうことですよね例えばリサーチとかリサーチがったりとかも机に向かって机に向かった途端にタイプで記事が書けるように何かできることはないのかっていうことですねそれを衝突しているものは何なのかっていうことを考えるのがコンフリクトリフレーミングっていう考え方になりますコンフリクトっていうのは者衝突している日々のせいで衝突してるの何かってこと考えた時にですねじゃあ例えばテレビとかはまちょっと置いといてじゃあお風呂に入ります通勤例えば通勤ですね通勤通勤が1.5時間をかけるのに潮を吹くで考えると3時間取られるとしますよねじゃあこの3時間がどうしてもこれは絶対に必要な時間になりますよねじゃあこの3時間を何をするかっていうことですよねじゃあ例えばリサーチとかリサーチとかネタを仕入れるために何か音声を聞いてみるとか記事を書くために何かこう参考になるネタ元はないかとか音声を聞いたりとかで後は商材の音声を聞いてみたりとかですねそういったもので時間取られるじゃないかこれなんか適当なお笑いの YouTube 見たりとかするんじゃなくてこの3時間を最低でも1.5時間とか2時間ぐらいは何か使えるんじゃないですかってことですねこれにプラスアルファとして1.5時間足して3.5時間の時間がネットビジネスに対して支えてる事になりますよねこれでも2時間じゃないでしょじゃあ今までこのリサーチリサーチ20時から20時から8時の間に20時から22時の間にリサーチをしてた時間がこの通勤の3時間で何かできできる例えば会社の昼休み昼休みに何かできるとリサーチをするとか音できますよねそうなってきたらどんどんののここに時間にプラスで例えば通勤の1.5直勤務中の30分だから0.5時間みたいな感じ積み上げていきますよねで風呂風呂の時に例えば Kindle とか Kindle で本を読むとか私はこれもずっとこれを習慣ですね2011年ぐらいから週間でやってますでこうすることによって例えば風呂の時間とか絶対自分が時間を取られるとか通勤とかっていうのをね2時間の邪魔をする者のコンフリクトの原因を探っていくま結局これって空ボトルネックとかの考え方に似てるんですけどもそしてリフレーミングですね要するに例えば通勤の3時間をこれを通勤の3時間使ってリサーチ1.5時間モチベが上がる音モチベが上がる音声を0.5時間そしてこの移動中に例えばツイートの返信とか O 0.5時間すればもうこの子机の2時間を丸まま使えるわけですよねこれがコンフリクトとリフレーミングをしっかりしていきましょうっていう話に そうやってやりくりしていくわけですもうとにかく一番最初にやりくりが必要なのでこういった考えがないと単純に1人2時間しか取れませんみたいな話になった時にいや2時間じゃ何も結果変わりませんよっていう話になってくるんですねだってそうじゃないですか100万円とか1ヶ月で100万円とか200万円とか個人で稼げるですよ正しいやり方さえやってればねできるのにその1日2時間しか取れません1日2時間しか取れません SNS も辞める気ありません ZOOM 会議はとりあえずなんか会社とか悪いで出来ませんその何かいいことを聞けるかもしれないので週末の SNS の集まりには行く予定ですってそれっても本当にこれですよねエッセンシャルエッセンシャルの思考になりましょうっていうことですね SS あるし声だって捨てる勇気もいらないものは捨てる今必要なものだけにフォーカスしていくっていうことがすごく重要だちょっと怖いんですけどね捨てるって言うのは勇気いる作業なんですけど実際捨ててこのに時間を有効に使うために何をすればいいのかって考えたほうが結果的に時間も生まれるしお金も埋まるし結果的になって良い方向に行くことが多いですので是非とも行ってみてくださいそれでは家でします
おすすめの記事